トップページ > 特別企画 >  スペシャルインタビュー > このページ

回:宮﨑(式典部署長)

今回もやってまいりました「連載企画ッ!展示部署長マツムラの突撃インタビュー!」ドンドンパフパフ!!!

こんにちはいつもおなじみの展示部署長の松村心大朗です。今回も宜しくお願い致します。

ちなみに本日で文化祭まであと45日!僕の仕事もドンドン忙しくなってきていますが、今回も皆さんに「文化祭を支える人たち」の物語を僕の連載で伝えていきたいと思いますっ!

それではどうぞ!


それでは、記念すべき第一回は式典部署部署長の高等部高2の藤井優智くんです!(以下、藤)

松:こんにちは!

藤:こんにちは〜

松:それでは、今回は式典部署長の藤井くんをお呼びしてインタビューしていきたいと思います!藤井くん、よろしくお願いします!

藤:よろしくお願いします。


松:さて、早速質問していきましょう!まず式典部署とはどんなことをする部署をするか教えてください。

藤:式典部署は開会式閉会式の内容決定や流れ、そしてそこで流すPVの作成、また各団体の投票の管理をしています。

松:たくさん仕事がありますね〜。気になったのはPVについて。今年は昨年とは少し変わると小耳に挟みましたが実際のところどうなのでしょうか?

藤:よくぞ聞いてくれました!今年自体は全く違うものになります。というと、昨年までは西大和内のストーリーだと思いますが、今年は西大和に入りたての人や外部の人など誰が見てもすごいなっと思うようなMV風のものを作ろうと決めました。


松:なるほど〜。ちなみに脚本に関しても一から作り直すということで大変だったと思います。そこの脚本の制作の裏話などはありますか?

藤:一回去年風のものを面白くしようとしていたけど、流石に西大和から離れ過ぎなんじゃないかなって...(苦笑)そこでもう一度作り直そうと決めて、今に至っています。

松:たくさん大変なこともあるのですね〜。ちなみに脚本に関しては藤井くんが作ったのですか?

藤:そこは自分の同じクラスの部署員が作ってくれました。自分、センスなかったので(苦笑)

松:文化祭PV、開会式で流れると思いますが、とても楽しみなものになりそうですね!皆さん、期待大ですよ!ちなみに自分も一つ役もらいましたのでみんなを感動させられるような演技をしようと思っています(笑)

藤:めちゃくちゃ楽しみにしておいてください!!!!!


松:次に質問します。藤井くんは式典部署という一部署をまとめ上げる存在ですが、ここまで、部署全体の仕事で大変だったりしたことはありますか(取材当時7月下旬)

藤:う〜ん。いっぱいあるけれどなぁ...やっぱりPV作成ですね...人それぞれ考え方は違うし、形態変更ではやはり反対もかなり起こっていたし、話し合いに日程上の都合もあって一部の部署員主体で進めていたこともあり、そういうところで部署運営は大変でした。

松:そうですよね〜どこの部署も部署運営は大変だと思います。ちなみに、話が進まないときやうまく行かないときは精神的にどんな気持ちでしたか?

藤:え〜。難しいなぁ。色んな人に色んな感情を抱いたし、何もできない自分にもイライラしたりしましたね。

松:ですが、そういった苦労もあって現在式典部署として頑張っている藤井くんは流石だと思います。このような様々な苦労が積み重なりながら文化祭まで頑張ってくれてとても頼もしく思いますし、僕としてももっと頑張らないといけないなと感じました。

藤:言うて松村のほうがようやってるやろ()


松:あはは...(苦笑い)そろそろ最後の質問をしていこうと思います。ずばり、今7月下旬でどんどん文化祭が近づいてきていますが、今後もっと忙しくなってくると思います。ぜひ意気込みをお聞かせください。

藤:今年の個人的な目標は「今年の式をみんなが盛り上がるかつ、トラブルなく間延びすることのない式典にしたい」です。まぁ、昨年はかなりごたついていたので...

松:そうですね。昨年はかなり進行が遅く大変だったと思います。今年はぜひ藤井くんはじめとした式典部署の皆さんにぜひ円滑な式典進行を期待しています。

藤:がんばります!目標達成できるように...


松:最後、この記事を読んでくださっている読者の方に一言お願いします!

藤:今年のPVは今までとは全く別物になっているので、そういう意味で文化祭ならではの青春を感じられるものにしています。ぜひ楽しみにしてください!

松:ありがとうございます。とても期待大です。お互い頑張りましょう!以上で第一回「展示部署長マツムラの突撃インタビュー」を終了させていただきます!藤井くん、ありがとうございました!

藤:ありがとうございました!

松:それでは第三回もお楽しみに!